「滋賀医科大学模擬患者の会」の皆さん

滋賀医科大学では、医学教育の中で「滋賀医科大学模擬患者の会」会員の皆様に多大のご協力をいただいています。

医学教育では医師・患者関係について学び修練することが重要ですが、「模擬患者の会」の皆様は、医学生の医療面接トレーニングや、学生が臨床実習を行う能力を身につけているかをチェックする実技試験(OSCE、オスキー)で「模擬患者」として学生の相手をし、指導してくださっています。そのために、会員の皆様には、様々な病気やその症状についての勉強会や患者を演じる練習などに、多くの時間と労力を割いていただいています。

各大学では外部の方の協力を得てこうした教育を行っていますが、「滋賀医科大学模擬患者の会」は全員ボランティアの方の集まりで、滋賀医科大学学生のために熱心に活動してくださっています。会員は、大変意識が高く学生思いの方ばかりですので、学生も医療面接を通じていろいろ学ばせていただき、大学として大変ありがたく思っています。また、専門的な立場から指導していただいている三ツ浪先生、喜多先生はじめ、関係の先生方のご尽力にも感謝申し上げます。

模擬患者の会

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中