World Birth Defects Day

3月3日は、女子の健やかな成長を願う「ひな祭り」の日である(正しくは旧暦).このたび、この3月3日が「世界先天異常の日」(World Birth Defects Day)と定められた.世界中の12の学協会が参加して、先天異常(birth defects)すなわち生まれつきの障害とその患者さんに対する理解を深め、その発生予防のための啓発を広めようとする活動である(http://teratology.org/pdf/BirthDefectsDay2015.pdf).

100人の新生児のうち3人が何らかの生まれつきの障害を持って生まれており、わが国では毎年3万人以上という数になる.その大多数は胎児期または周産期の要因が複合的に関与して発症するが、妊娠中に注意することで予防できる障害もある.妊婦の飲酒が原因で起こる「胎児性アルコール症候群」は、米国などでは子供の精神発達障害の最大の原因になっているが、わが国ではまだ関心が低い.先天異常に関する社会的な理解が進み、治療や予防のための方策が進むことを期待している.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中