若者よ、選挙に行こう

参議院選挙の投票日が近づいてきました.重要な選挙であるのに、もう一つ争点がはっきりせず(はっきりさせず)、各党の主張も我々の心には響いてきません.今回の選挙の大きな特徴の一つに、選挙権が18歳以上となったことがあります.大学生のすべて、高校3年生の一部が選挙権を持つことになりました。当初は10代の若者の選挙への関心が低いといわれていましたが、最近は「関心がある」という18歳、19歳の割合が上昇してきていると報道されています.

選挙権を行使することは、政治について少しは自分で考える機会になります.経済、雇用、教育、社会保障、憲法など、わが国の将来に大きな影響をもたらす課題が山積しています.もし若い世代が投票に行かなければ、政治は決して若者の方を向かないでしょう.1票は小さくても、それが集まることによって世論となり社会を動かします.北欧のように若者の8割が投票に行けば、必ずや政治の流れは大きく変わります.われわれ一人一人がぜひ投票という行動によって意思を表明したいものです.わが国の政治と政治家をこれ以上劣化させないためにも.

“Democracy is the worst form of government, except for all the other forms that have been tried.”      Winston Churchill (House of Commons, 11 November 1947) (民主主義は最悪の政治システムである.ただ、これまでに試された他の統治制度に比べたら一番ましだ. ウィンストン・チャーチル)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中