友吉唯夫先生の「医学史」講義

本学名誉教授の友吉唯夫先生は、現職教授の時から今日まで39年間の永きにわたって、医学部の「医学史」の講義をご担当くださいました.現職の時は、泌尿器科学教授としての本務に加えて、「医学史」も教育してくださいました.名誉教授となられてからも、毎年講義をご担当いただき、そのおかげで多くの学生が先生の講義を受講することができました.友吉先生は、その該博な知識と臨床現場での豊富なご経験に基づき、ギリシャ哲学から現代の先端医学まで、また歴史、古今東西の文学などを縦横に引用しながら大変含蓄のある講義をされ、受講生に感銘を与えられました.

このたび医学部カリキュラムの改革を行うにあたって、残念ながら「医学史」の講義を終了しなければならなくなり、友吉先生の「医学史」の最終講義の日を迎えました.多数の学生、教職員が先生の最終講義に出席しました.永年のご貢献に対して大学から感謝状を贈呈し、多くの関係者から友吉先生に感謝の花束が贈呈されました.

改めて友吉先生に厚く御礼申し上げますとともに、先生のご健勝をお祈り申し上げます.

IMG_0106IMG_0107IMG_0109

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中