「医学教育分野別評価」で滋賀医科大学が認定されました

滋賀医科大学は昨年11月に「医学教育分野別評価」を受審しました.これは日本医学教育評価機構が実施する審査で、本学の医学教育の理念、内容、体制、教育の成果など全般にわたって評価委員が詳細な審査を行い、国際基準に適合した医学教育を実施しているかを評価するものです。評価を受けるために、1年半にわたり全学の教職員が膨大な準備作業を行い、自己点検評価書を作成しました.審査は1週間にわたり評価委員が大学を訪問し、教育の実態を実地調査するとともに、教員、職員、学生、卒業生などと面談して、本学の医学教育の内容とその成果を詳細に評価されました.

このたびその評価結果が通知され、本学は平成37年までの7年間について認定されました.これは最長の認定期間であり、本学の医学教育が国際基準を満たしていると認められたわけです.受審に際して全面的に協力していただきました全学の教職員、学生諸君、同窓生の皆様に心より感謝いたします.引き続き、教育の継続的な改善に取り組んでいきたいと思います.

また、もう一つの朗報がもたらされました。今年度の科学研究費補助金の採択結果が発表され、滋賀医科大学の採択率は32.6%でした。医学系で全国第2位であった昨年の採択率を上回り、初めて30%台に乗りました.3年連続で採択率が上昇するといううれしい結果となりました.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中